HOME > 新着情報

新着情報

2017.10.02 新製品「DIT制震筋かい金物」10月2日発売開始 最新情報

“筋かい金物と制震装置”がひとつになった『DIT制震筋かい金物』を10月2日に発売いたしました。
DIT制震筋かい金物は、第一工業大学と横浜国立大学が開発した「高減衰ゴム付き筋かい金物」です。


用途
・壁倍率2倍用筋かい(90・105×45)を容易かつ強固に接合し、制震効果も発揮する金物です。


特長
① ≪揺れを軽減≫ 揺れ幅を最大約75%軽減(※1)
金物は二重構造。鋼製ブリッジ部(写真3のA部)が粘り強く変形するとともに、二重構造内部に充填された高減衰ゴム(写真3のB部)が地震エネルギーを効率よく吸収。建物の揺れ幅を最大約75%軽減します。


② ≪手間を軽減≫ 従来の筋かい金物と同様の設計・施工をするだけ
既存の筋かい金物をDIT制震筋かい金物に代えるだけ。設置箇所に頭を悩ます必要がなく、プランが制限されません。また、ビスどめのみの簡単施工。特殊な加工やわずらわしい施工はありません。


③ ≪コストを軽減≫ シンプルな構造で設置数を予算に合せて選べる
シンプルな構造で製造コストを抑制。予算に合せて設置数を選ぶことができ、従来の制震装置と比べて約半分(※2)の費用で導入できます。また、既存の筋かい金物をDIT制震筋かい金物に代えるだけのため、追加作業がなく施工コストも抑制できます。


(※1) 建物形状、配置プラン、地震波によって異なる。
(※2) 当社従来品の制震装置と同等の効果になる設置数とし、メーカー希望小売価格で比較した場合。建物形状、配置プラン、地震波によって異なる。


DIT制震筋かい金物は、内使い用と外使い用がございます。弊社ではホールダウン金物(アンカーボルト)との干渉を考慮し内使い用を推奨します。


製品の詳細はこちらをご覧ください。
製品スペック・価格についてはこちらをご覧ください。
開発の背景はニュースリリースをご覧ください。


不明な点等ございましたら営業統括部までお問合せください。


※解析シミュレーションソフトは10月中旬頃公開予定です。
 お急ぎの場合はお手数ですがこちら
からお問合せください。


2017.10.02 ジャパンホームショー2017出展 最新情報

平成29年11月15日(水)から17日(金)に東京ビッグサイトにて開催される『ジャパンホームショー2017』に出展いたします。


今回のテーマは「設計の幅を拡げる新提案」です。
設計者が直面する耐震・制震の疑問や課題を解決する対処法をご提案いたします。


展示会への入場は、招待状または事前申し込みが必要です。
招待状の持参または事前登録で入場無料となります。


招待状の郵送を希望される方はこちら
事前登録をされる方はこちら


※招待状の郵送を希望される方はお問合せ内容欄に必要枚数をご記入ください。


【展示会概要】
第39回ジャパンホームショー
会期:2017年11月15日(水)~17日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト東1~3ホール
ブースNo:2-Y14(東2ホール)


展示会開催概要はこちら


2017.10.02 中大規模木造建築実例集 「ひらしま産婦人科・皮膚科」を追加

中大規模木造建築実例集に「ひらしま産婦人科・皮膚科」を追加いたしました。


詳細はこちらをご覧ください。

2017.09.20 福岡営業所移転のご案内 重要


2017.09.04 中・大規模木造建築ページを更新

中・大規模木造建築金物「TOUGHSETOR」ページに、JIS A 3301対応金物などを追加いたしました。
また、製品情報ページにも新たに「中・大規模木造建築」カテゴリーを追加し、製品検索がしやすくなりました。


中・大規模木造建築「TOUGHSETOR」ページはこちら

2017.09.04 中大規模木造建築実例集に「ありがとうリハビリハウス」を追加

中大規模木造建築実例集に「ありがとうリハビリハウス」を追加いたしました。


詳細はこちらをご覧ください。

2017.09.04 TEC branch(テックブランチ)第78号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所のBX TOSHOよりTEC branch Vol.78「何がいいのか?梁の補強方法③」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.08.01 プレセッターSU使用範囲拡大 重要

BXカネシン株式会社は、梁せいの大きな木材にプレセッターSU梁受金物を2種類組み合せて使用した場合の性能試験をハウスプラス確認検査株式会社で実施いたしました。住宅においては、390mm以上の比較的大きな梁せいの木材を使用する機会が増えています。また、中・大規模木造建築の設計では、住宅より大きな荷重を受ける場合が多く、これに伴いこの荷重を受ける梁の断面寸法が大きくなり、プレセッターSUのPS-33SUを1個使用した場合ではせん断耐力が不足してしまい、プランの実現が難しい場合がありました。


そこで今回、プレセッターSU梁受金物を2種類組み合せて試験を実施することで耐力数値データを拡充・明確化。従来と比べ、プレセッターSUでの設計の幅が広がりました。


パターン① 梁せい390mm以上に対応

使用金物:PS-24SU(上) + PS-18SU(下) ※納まりは下図参照
プレカットCAD表記:PS-39SU
短期基準せん断耐力:45.6kN


パターン② 梁せい540mm以上に対応

使用金物:PS-33SU(上) + PS-24SU(下) ※納まりは下図参照
プレカットCAD表記:PS-54SU
短期基準せん断耐力:51.3kN


使用範囲(共通)

樹種:梁/オウシュウアカマツ 対称異等級構成構造用集成材E105-F300 以上
   柱/スプルース 同一等級構成構造用集成材E95-F315 以上
材のサイズ:105×390mm以上


注意事項
・せん断耐力および引張耐力が設計上必要な性能を満たしていることを確認の上、ご使用ください。

・上記金物以外の組合せおよび、上下反対ではご使用いただけません。

2017.08.01 アンカーホルダー仕様変更のお知らせ


2017.08.01 JSTフェアに出展

平成29年8月31日(木)および9月1日(金)に東京ビッグサイトにて開催される『JSTフェア2017』に出展いたします。


JSTフェアでは、「未来の産業創造」を目指した国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)発の研究開発成果が発表されます。当社は、第一工業大学と横浜国立大学が開発した高減衰ゴム付の筋かい金物「DIT制震筋かい金物」を大学およびユニオンゴム工業(株)と共同で出展いたいます。


入場無料ですので、お時間のある方はぜひ当社ブースにお立ち寄りください。
※事前登録制となっておりますので、以下のホームページよりご登録ください。


JSTフェア2017詳細はこちら

2017.08.01 TEC branch(テックブランチ)第77号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所のBX TOSHOよりTEC branch Vol.77「何がいいのか?梁の補強方法②」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.07.18 夏季休暇および配送のご案内


2017.07.04 中大規模木造建築実例集 「西大寺キリスト教会 新会堂」を追加

中大規模木造建築実例集に「西大寺キリスト教会 新会堂」を追加いたしました。


詳細はこちらをご覧ください。

2017.07.04 TEC branch(テックブランチ)第76号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所のBX TOSHOよりTEC branch Vol.76「何がいいのか?梁の補強方法①」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.06.09 レンコン金物 および ビス羽子板金物 製品切替えのお知らせ 重要


2017.06.01 高耐力座金60材質変更のお知らせ 重要


2017.06.01 TEC branch(テックブランチ)第75号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所のBX TOSHOよりTEC branch Vol.75「『直下率』が低い間取りは危ないのか?③」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.05.08 中大規模木造建築実例集 「特別養護老人ホーム 船形サルビア荘」を追加

中大規模木造建築実例集に「特別養護老人ホーム 船形サルビア荘」を追加いたしました。


詳細はこちらをご覧ください。

2017.05.08 TEC branch(テックブランチ)第74号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所のBX TOSHOよりTEC branch Vol.74「『直下率』が低い間取りは危ないのか?②」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.04.03 BXカネシン製品カタログ2017発行

BXカネシン製品カタログ2017を発行いたしました。
WEBカタログも公開いたしましたので、パソコンのほかタブレットやスマートフォンでもご覧いただけます。


また、PDFの一括ダウンロードも可能です。


カタログ請求、WEBカタログの閲覧はこちら

2017.04.03 新製品「〔枠材用〕ミドルコーナー10」4月3日発売開始

従来から販売している「ミドルコーナー15(15kN用)」のビスを変更するだけで枠材の上から施工できる「〔枠材用〕ミドルコーナー10(10kN用)」を4月3日に発売いたしました。


用途
・柱と土台、柱と横架材の接合に使用します。その際、枠材や床合板の上から施工できます。
・10kN用ホールダウンの代わりに使用できます。アンカーボルトや両引きボルト等が不要で、ビスのみで施工できます。


特長① パネル工法に最適
柱・横架材に幅78mm以上、厚み27~45mmの枠材を介してビスどめ施工できるため、パネル工法に最適です。


特長② コンパクトな形状
本体幅が45mmとコンパクトで、耐力面材の真壁仕様でもきれいに納まります。


特長③ 枠材の勝ち負けを気にせず施工可能
枠材は縦勝ちでも横勝ちでも対応が可能なため、納まりを気にすることなく施工できます。


特長④ 横架材側はフレキシブルに対応
横架材側は以下の仕様に対応できます。
※柱側の枠材は135mmのビスが貫通してしまうため必須。横架材は135mmのビスが貫通しない梁せいとする。

※図1~3は下の画像をご確認ください。


・(図1)床合板なし/横架材側枠材なし
・(図2)床合板(30mm厚まで)/横架材側枠材なし
・(図3)床合板(30mm厚まで)/横架材側枠材(27~45mm厚)


特長⑤ 環境にやさしい
本体・ビス共にクロムフリーを実現し、環境に配慮した製品となっております。



製品の詳細はこちらをご覧ください。


不明な点等ございましたら営業統括部までお問合せください。


<営業統括部>
Tel. 0120-106781
WEBでのお問合せはこちら


2017.04.03 新製品「高耐力高ナット」4月3日発売開始

各種ボルトの接合に使用する「高耐力高ナット」を4月3日に発売いたしました。


弊社が販売している高耐力フレックスアンカーボルト高耐力フレックス両引きボルトをジョイントする場合には本製品をご使用ください。


製品の詳細はこちらをご覧ください。


不明な点等ございましたら営業統括部までお問合せください。


<営業統括部>
Tel. 0120-106781
WEBでのお問合せはこちら

2017.04.03 プレセッターSUがハイブリッド・ビームでも使用可能になりました 最新情報

プレセッターSUを中国木材株式会社のハイブリッド・ビームにて使用した場合の試験をハウスプラス確認検査株式会社で実施いたしました。従来の対応可能樹種に加え、ハイブリッド・ビームでもご使用いただけるようになり、より使いやすくなりました。


耐力数値の一覧表はこちらをご覧ください。


試験成績書は弊社ホームページのユーザー専用ページよりダウンロードいただけます。
(初回のみユーザー登録をお願いいたします。)


不明な点等ございましたら営業統括部までお問合せください。


<営業統括部>
Tel. 0120-106781
WEBでのお問合せはこちら

2017.04.03 後施工金物〈梁受用〉 梁-梁接合の試験を第三者機関で実施

後施工金物〈梁受用〉の梁-梁接合の試験をハウスプラス確認検査株式会社で実施いたしました。従来の柱-梁接合に加え、梁-梁接合でもご使用いただけるようになり、より使いやすくなりました。


【短期基準せん断耐力】
後施工金物1  8.7kN
後施工金物2  20.0kN
後施工金物3  28.1kN


既存梁/すぎ
新規梁/集成材(おうしゅうあかまつ)


※既存木材の座掘り深さは10mm


試験成績書は弊社ホームページのユーザー専用ページよりダウンロードいただけます。
(初回のみユーザー登録をお願いいたします。)


不明な点等ございましたら営業統括部までお問合せください。


<営業統括部>
Tel. 0120-106781
WEBでのお問合せはこちら

2017.04.03 ゴールデンウィーク休暇および配送のご案内 重要


2017.04.03 TEC branch(テックブランチ)第73号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所のBX TOSHO(旧東昭エンジニアリング)よりTEC branch Vol.73「『直下率』が低い間取りは危ないのか?①」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.03.14 会社合併並びに社名変更のご挨拶 重要


2017.03.01 「採用したい建材・設備メーカーランキング2016」で第1位を受賞

カネシンは、日経ホームビルダー(2016年12月号)の「採用したい建材・設備メーカーランキング2016」の「接合補強金物部門」と「戸建て住宅用制振部材部門」において、第1位を受賞しました。


また、日経アーキテクチュア(2016年11月24日号)の「接合補強金物部門」においても第1位を受賞しました。


今後も皆様のご期待に添えるよう、製品機能の向上とサポート体制の充実に努めてまいります。


2017.03.01 TEC branch(テックブランチ)第72号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所の東昭エンジニアリングよりTEC branch Vol.72「構造計算の外注化のススメ!!②」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.02.03 レンコン金物 および ビス羽子板金物 製品切替日延期のお知らせ 重要


2017.02.03 スクリューワッシャー材質規格変更のお知らせ 重要


2017.02.03 中ボルト 表面処理変更のお知らせ 重要


2017.02.03 気密パッキンロング仕様変更のお知らせ 重要


2017.01.10 プレセッターSU 材質規格変更のお知らせ 重要


2017.01.10 ミドルコーナー15 刻印変更のお知らせ 重要


2017.01.10 コーナージョイント(アルミ軒裏換気口用)販売終了のお知らせ 重要


2017.01.10 エコアクション21事務局より表彰されました

12月6日にエコアクション21中央事務局より「エコアクション21」の10年継続取得事業者として表彰されました。

今回は弊社以外に約20事業所が表彰され、弊社は代表して二酸化炭素や廃棄物排出量削減の取り組みや環境負荷低減製品の増加(プロイズやクロムフリー化、軽量化など)について事例講演をいたしました。今後も環境貢献の取り組みを推進してまいります。

2017.01.10 木構造テラス 設立1周年記念特別セミナーのお知らせ

木構造テラスが設立1周年を記念し特別セミナーを開催します。


講演Ⅰ 熊本地震被害に学ぶ木構造設計の留意点(講師:京都大学生存圏研究所教授 五十田 博 氏)
講演Ⅱ ヨーロッパの木造建築から『木と建築と社会』を考察する(講師:法政大学デザイン工学部建築学科教授 網野 禎昭 氏)


開催日時:2017年2月2日(木)13:30~15:50
会場:新木場タワー 1階大ホール
参加費:一般/1,000円 木構造テラス会員/無料


詳細・お申込はこちらをご覧ください。


※カネシンは本セミナーに協賛しています。

2017.01.10 中大規模木造構造設計講習会のお知らせ

(一社)中大規模木造プレカット技術協会が中大規模木造構造設計講習会を開催いたします。
本講習会は中大規模木造を設計する上での構造に特化したセミナーとなっております。


詳細はこちらをご覧ください。

2017.01.10 TEC branch(テックブランチ)第71号発行

当社のグループ会社である構造設計事務所の東昭エンジニアリングよりTEC branch Vol.71「構造計算の外注化のススメ!!①」が発行されました。


詳しくは構造計算相談所TEC Branchのページをご覧ください。

2017.01.10 新卒採用特設サイトを公開

2018年度新卒採用特設サイトを公開しました。2月にインターンシップを行う予定ですので、参加を検討されている方はまずはエントリーをお願いいたします。


新卒採用特設サイトはこちら

WEBカタログ閲覧はこちら カタログ請求はこちら お問合せはこちら