HOME > 製品情報 > 制震装置 > V-RECS〈SG〉工法 > 〈耐震+制震〉の相乗効果

制震装置 V-RECS(ヴイレックス)

制震装置 <耐震+制震>の相乗効果 Vの5つの進化 Vの制震力1
Vの制震力2 Vの安心設計 Vサポート 構成部品

〈耐震+制震〉の相乗効果

進化したBXカネシン制震工法は、構造体の〈耐震+制震〉性能を強力にバックアップ。

東日本大震災の教訓のもと、政府は想定されるM9.1の南海トラフ巨大地震に備え、建物の徹底した耐震対策を呼びかけています。こうした中、倒壊被害の回避をめざす従来の住宅耐震基準だけでなく、地震エネルギーを制御する制震技術が注目されています。地震による実際の住宅被害は、倒壊しなくても揺れにより接合部が損傷したり、繰り返す余震で被害が拡大して住めなくなることもあるからです。耐震力と制震力の相乗効果を発揮し、使いやすさも2倍になったBXカネシンV-RECS〈SG〉工法は、安心住宅の標準仕様をめざして開発されました。

耐震+制震構造

耐震構造に制震装置をプラスすることで地震の揺れを吸収・抑制する構造。

耐震+V-RECS(SG)

耐震構造

筋かい等の耐力壁を配置し、建物を強くすることで地震に耐える構造。

耐震構造

この製品に対するQ&A
BX制震シリーズ

制震V-RECS<SG>(ヴイ・レックスSG) 制震V-RECS 2x4 <SG>(ヴィ・レックス2×4SG) DIT制震筋かい金物
WEBカタログ閲覧はこちら カタログ請求はこちら お問合せはこちら