HOME > 製品情報 > 制震装置 > V-RECS〈SG〉工法 > Vの制震力1~制震メカニズム~

制震装置 V-RECS(ヴイレックス)

制震装置 <耐震+制震>の相乗効果 Vの5つの進化 Vの制震力1
Vの制震力2 Vの安心設計 Vサポート 構成部品

Vの制震力1

木造軸組工法の基本である柱と梁を、上下2つのV型で支える鋼製アーム。地震エネルギーを吸収する高減衰ゴムを組み込んだ高性能ダンパー。地震に強い構造体づくりと工法開発を重ねてきたBXカネシンの技術力と開発力が結実した最新鋭の制震システムです。

V型は変形抑制効果を引き出す力学形状

ダンパーが一番効率よく働く位置を探していくと、上下のV型アームの頂点にダンパーを置いた形状が最適で、建物の変形を効率よく回転運動に変換し、高い変形抑制効果を発揮します。

1. 地震エネルギーがV-RECS〈SG〉アームへ

地震のエネルギーが建物に加わると柱に装着したV-RECS〈SG〉アームAに圧縮、Bに引張の力がかかります。

2. V-RECS〈SG〉アームの力がダンパーへ

V-RECS〈SG〉アームA、Bにかかった力が、V-RECS〈SG〉ダンパーCを押し込むと同時にV-RECS〈SG〉アームBを押し上げ回転運動に変換します。

3. 高減衰ゴムが変形

V-RECS〈SG〉ダンパーCとDは高減衰ゴムで接合されており、Cの回転により高減衰ゴムがせん断変形します。

4. 地震エネルギーを吸収

震動エネルギーを高減衰ゴムがせん断変形して熱エネルギーに変換し、建物の揺れを吸収します。

V型は変形抑制効果を引き出す力学形状

一般ゴムと高減衰ゴムの比較

一般ゴムの球と高減衰ゴムの球を同時に同じ高さから落とすと、一般ゴムは弾むのに対し、高減衰ゴムはほとんど弾みません。これは、高減衰ゴムが落下の運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、衝撃を吸収するためです。

一般ゴムと高減衰ゴムの比較

この製品に対するQ&A
BX制震シリーズ

制震V-RECS<SG>(ヴイ・レックスSG) 制震V-RECS 2x4 <SG>(ヴィ・レックス2×4SG) DIT制震筋かい金物
WEBカタログ閲覧はこちら カタログ請求はこちら お問合せはこちら