HOME > 製品情報 > スクリューワッシャー

製品情報

スクリューワッシャー

用途M12のアンカーボルトや羽子板ボルト等のネジ山を利用しインパクトレンチで締め付け材面とフラットに仕上げる金物です。
特長●M12用の座金とナットを一体化しました。
●専用ビット(別売品)又は付属の簡易ビットを使用し、インパクトレンチで締め付け作業をすることで座金が木材を削り込み材面とフラットに仕上がります。
●木材の断面欠損を最小限に抑えることができるので、木材の強度維持にも役立ちます。
承認等ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP16-KT031
耐力

短期許容めり込み耐力


・ベイマツ類 9.60kN

・ヒノキ類    8.32kN

・スギ類       6.40kN


※「国土交通省 告示1024号第1の1のイ」および「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」により算出。
※Zマーク表示金物の40角座金と比較試験を行い、同等以上の耐力確認済み。(上記の表は40角座金の耐力数値です。)

メーカー希望
小売価格
(税抜き)
スクリューワッシャー  ¥165

ACソケット ¥24
打込棒 ¥2,100
専用ビット12.7mm ¥2,350
専用ビット19mm ¥4,400
推奨インパクトレンチ ¥43,300
カッター¥10,200
ガイド ¥900
ドリル ¥2,500
ストッパー ¥1,500

試験成績書をダウンロードする

CADデータをダウンロードする

  >> その他のQ&A

スクリューワッシャーとカットスクリュー・Ⅲの違いは何ですか。

スクリューワッシャーは座金部の裏面がおわん型になっています。木材が堅いと入りづらい場合もあるため専用座掘キリがあります。予めおわん型に座掘りができるため、製品自体の打ち込み時間が短縮できます。カットスクリュー・Ⅲは座金部の裏面が平らになっています。木材に入りやすい形状で、専用座掘キリなどの工具は不要です。

スクリューワッシャーの専用座掘キリはどのように使うのですか。

土台の穴あけと座掘りを同時に行う場合はカッターとドリルをご使用ください。すでに土台に穴があいている場合はカッターとガイドをご使用ください。座掘り深さを一定にするためにストッパーのご使用をおすすめします。詳しくは土台準備説明書をご覧ください。(カッター、ガイド、ドリル、ストッパーは別々に販売しています。)

土台加工説明書はこちら

スクリューワッシャーは専用座掘りキリがないと施工できませんか。

座掘りをせずに施工することもできます。樹種によっては入りにくい場合があります。その場合は専用座掘りキリをご使用ください。

スクリューワッシャーとカットスクリュー・Ⅲはどのように締め付けるのですか。

専用ビットか簡易ビットを使用し、インパクトレンチで締め付けます。専用ビットを使用する場合は、インパクトレンチに別売品の専用ビットを取り付け施工します。簡易ビットを使用する場合は、インパクトレンチにM12ナット締付け用ソケットと商品に付属されている簡易ビット(1袋に1個付属)を取り付け施工します。詳しくは施工説明書をご覧ください。



スクリューワッシャーの施工説明書はこちら


カットスクリュー・Ⅲの施工説明書はこちら

スクリューワッシャーやカットスクリュー・Ⅲに付属されている簡易ビットは購入できますか。

簡易ビットは、製品1袋(50個入り)につき1個サービスでお付けしていますが、ご購入いただくことも可能です。

スクリューワッシャーやカットスクリュー・Ⅲはインパクトドライバでも施工できますか。

インパクトドライバは締付けトルクが弱いため、インパクトレンチをご使用ください。弊社では締付けトルクが294N・m(3,000kgf・cm)のインパクトレンチを推奨しています。

スクリューワッシャーやカットスクリュー・Ⅲを使用する際、アンカーボルトが土台天端から出てしまいました。アンカーボルトをカットして施工してもいいですか。

基礎部へのアンカーボルトの埋め込み深さが適切な場合はカットしていただいて構いません。

ただし、あまり切り過ぎてしまうとねじ山の部分が足りなくなり、スクリューワッシャーやカットスクリュー・Ⅲが最後まで入りきらなくなる可能性がありますのでカット寸法にはご注意ください。

また、スクリューワッシャーは30mm以上、カットスクリュー・Ⅲは15mm以上ネジ部がかかるように施工してください。