V-RECS〈SG〉ヴイ・レックスSG

V-RECS〈SG〉とは

V-RECS〈SG〉

機能性・作業性・経済性に優れた軽量コンパクトな制震装置。

地震国日本で本当に安心・安全な生活を実現するには、何よりも地震に強い家づくりが基本です。BXカネシンは建築金物のスペシャリストとして、一貫して信頼と安心の構造体・工法開発に努めてきました。V-RECS〈SG〉は、軽量かつコンパクトにしたことで、優れた機能性と作業性を両立させ、さらに低価格も実現しました。耐震構造に制震性能をプラスした、安心の家づくりを力強く支えます。

【BXカネシン】V-RECS〈SG〉とは

〈耐震+制震〉の相乗効果

東日本大震災の教訓のもと、政府は想定されるM9.1の南海トラフ巨大地震に備え、建物の徹底した耐震対策を呼びかけています。こうした中、倒壊被害の回避をめざす従来の住宅耐震基準だけでなく、地震エネルギーを制御する制震技術が注目されています。地震による実際の住宅被害は、倒壊しなくても揺れにより接合部が損傷したり、繰り返す余震で被害が拡大して住めなくなることもあるからです。BXカネシンのV-RECS〈SG〉は、耐震力と制震力の相乗効果で、本震の揺れだけでなく繰り返し襲ってくる余震の揺れにも対応し、大切な家族、資産、暮らしを守ります。

耐震

筋かい等の耐力壁を配置し、建物を強くすることで地震に耐える構造。

  1. 建物が地震エネルギーをそのまま受け止めるため、揺れは大きくなりやすい。

  2. 建物の倒壊を防ぐが、壁などに損傷を受ける可能性がある。

耐震+制震

耐震構造に制震装置をプラスすることで地震の揺れを吸収・抑制する構造。

  1. 制震装置が地震エネルギーを吸収するため、耐震構造のみと比べて揺れは小さい。

  2. 建物の倒壊を防ぐだけでなく、壁などの損傷も抑えることができる。

  3. 建物の復元力が高いため繰り返す余震に効果的。

マニュアルと簡易解析を見る ユーザー専用サービス