製品情報

耐震Jケーブル

用途・特長

アンカーボルトM16をホールダウン金物と直結します。

●芯ズレ・角度振れ等のアンカーボルトの施工誤差をフレキシブルに吸収し、ホールダウン金物に直結させることにより引き抜き力を基礎へ確実に伝達します。
●アンカーボルトにナット及び座金を締結することにより、土台のころび止めを兼用できます。
●あらゆるタイプのホールダウン金物に適応。真壁や筋かい取り合い部での施工性も良好です。
●ステンレスケーブルの材質にSUS304を使用しているため長期間にわたり、錆等の影響から解放されます。

耐力

36.4kN

承認等

(公財)日本住宅・木材技術センター 性能試験実施済 依頼番号 依13-151

基本情報/メーカー希望小売価格(税抜き)

¥4,000

この製品に関するQ&A

Q
ホールダウン金物の取付けで、アンカーボルトが芯ずれした場合に対応できる製品はありますか。
A
耐震Jケーブルがございます。半径40mm以内の施工誤差に対応できます。

Q
耐震Jケーブルは何kNのホールダウンに対応できますか。
A

耐震Jケーブルの短期基準接合引張耐力は36.4kNです。36.4kN以下の引抜きがかかる箇所にご使用いただけます。

プルースホールダウン40高耐力フレックスホールダウン60〔2×4用〕高耐力フレックスホールダウン52を36.4kN超で使用する場合は対応できません。

Q
アンカーボルトが芯ずれしており耐震Jケーブルを使いたいのですが、柱面からアンカーボルトまでの距離は何mmまで対応できますか。
A
柱面からの距離は使用するホールダウン金物によって異なります。耐震Jケーブルはホールダウン金物のアンカーボルト取り付け穴の中心から、アンカーボルトの軸芯のズレが半径40mm以内の範囲で使用できます。

類似製品を見る