オリジナル接合ビス

BXカネシンのオリジナル接合ビス

建築現場では多くの種類の接合金物を使用しますが、ビスの種類が製品ごとで異なると、それだけ間違ったビスで接合してしまうリスクも高まります。BXカネシンの柱頭柱脚部で使用するオリジナル金物のビスは、最小4種類で対応でき、現場の施工効率を向上させます。

ビスの種類が少ないメリットとは

1. スピーディな作業

建築現場では、多種多様な接合金物が使用されます。金物ごとにビスが異なると、金物に合せてビスを使い分ける必要があり、作業スピードが落ちてしまいます。BXカネシンのビスは、10kNまではCPQ-45とCPQ-75、10kN以上はYPR-85とYPR-115とわかりやいため、煩わしさを感じることなく、スピーディに作業ができます。

2. 施工ミスの防止

接合金物の耐力試験で使用したビスは、試験成績書などにも記載され、それ以外のビスを使用した場合の耐力は保証されません。たとえ同じ長さのビスであっても、軸の径や頭の形状など微妙な違いで耐力にどう影響するかが明確になっていないからです。そのため、間違って他のビスで施工してしまわないように極力使用するビスを少なくしています。

3. ビスの在庫が最小限で済む

ビスで接合しようとすると、まれに打ち損じなどでビスが足りなくなることがあります。(当社では数本多めに梱包しています。)その場合、ビスのみをご注文いただくことになりますが、1袋20~100本程度で梱包されているため、使用するビスの種類が多いとそれだけ多くのビスを予備として持っておく必要があり、あまってしまうこともあります。ビスの種類が少なければ使い回しができ、在庫は最小限で済むうえ、コスト削減にもつながります。

柱頭柱脚用金物

告示 耐力 BXカネシンオリジナル金物 使用ビス
い
ろ
は
~5.1kN ライトコーナー
ライトコーナー合板タイプ

※CPQ-75は床合板の上から接合する場合にのみ使用

エーステンプレートⅢ-ZM
に
ほ
へ""
~10kN スリムヘビー10
スリムヘビー10合板タイプ

※YPR-115は床合板の上から接合する場合にのみ使用

と ~15kN ミドルコーナー15
ミドルコーナー15合板タイプ
ち ~20kN ヘビーコーナー20
ヘビーコーナー20合板タイプ
り ~25kN プルースホールダウン25
ぬ ~40kN プルースホールダウン40
~60kN 高耐力フレックス
ホールダウン60

その他の金物

種類 BXカネシンオリジナル金物 使用ビス
短ざく金物 ビスどめ短ざく金物S/L
筋かい金物 ハイパーガセット・Ⅱ
DIT制震筋かい金物
羽子板金物 ビス羽子板金物・Ⅱ
フリーウイング羽子板セット

環境配慮の「プロイズS」を採用

BXカネシンのオリジナルビスは、有害物質である六価クロムを含まない、環境にやさしいクロムフリー表面処理「プロイズS」を採用しています。プロイズSは、木酸による腐食を抑制し、薬剤が注入された防腐処理木材に使用しても影響がなく、木造住宅に適した表面処理と言えます。ビスの種類ごとに色分けされているため、施工後でもビスの色で使用ビスを識別できます。

ライトコーナー

ライトコーナー

ライトコーナー合板タイプ

ライトコーナー合板タイプ

スリムヘビー10

スリムヘビー10

スリムヘビー10合板タイプ