製品情報

偏芯座付ボルト36

用途・特長

ホールダウン金物(36.0kNまで)を片引きで接合する場合に使用します。

●木材のめり込みに対する基準強度が、スギの無垢材(KD材)と同数値であるRW集成材(オウシュウアカマツ)、WW集成材(スプルース)でも、36.0kNまでの使用が可能です。
●梁せい105mm以上で使用可能です。
●ボルト径をφ14.5にしたことで、ボルト穴との干渉が少なく、スムーズな施工が可能です。
※『計算(検討)書』はこの画面下の【資料】よりダウンロードできます。

耐力

スギ類:36.0kN
※スギ類の場合、36.0kNまで使用可能です。
※ヒノキ類・ベイマツ類の場合、37.0kNまで使用可能です。
※木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)より算出しております。
※各樹種における耐力の計算書はこの画面下の【資料】よりダウンロードできます。

承認等

木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)より短期許容めり込み耐力を算出
ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP14-KT095

基本情報/メーカー希望小売価格(税抜き)

HM16W×550 ¥1,250
HM16W×650 ¥1,400
HM16W×700 ¥1,450
HM16W×800 ¥1,600

〈プロイズタイプ〉
PZ-HM16W×550 ¥1,850
PZ-HM16W×650 ¥1,950
PZ-HM16W×700 ¥2,050
PZ-HM16W×800 ¥2,100

この製品に関するQ&A

Q
Zマークの座付きボルトが柱に干渉してしまうのですが、対応できる製品はありますか。
A
偏芯座付ボルト36(36.0kNまで対応)および円形座付ボルトⅡ(15kNまで対応)がございます。
Q
偏芯座付ボルト36の耐力を算出した計算書はありますか。
A
計算書をご用意しています。必要な方はこちらからダウンロードしてください。

類似製品を見る