製品情報

NTレスビー羽子板ボルト

用途・特長

小屋梁と軒桁、軒桁と柱、胴差と床梁及び通し柱と胴差の接合に使用します。

●羽根部とボルト部がプレス加工による一体成形となっています。
●羽根部にナットが付いており、かんざしのボルトのナットが不要で片手で作業が行えます。
●羽根部をコンパクトにすることで、4寸巾の木材で座掘り無しの場合でもネジ山が十分に確保でき、ナットが締めやすくなっています。
●かんざし用ボルトの穴芯からボルト先端までの規格サイズは一般的な255mmです。

耐力

9.5kN

N値/T値

1.7

承認等

ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP12-KT032

基本情報/メーカー希望小売価格(税抜き)

¥200

<プロイズ>
¥230

この製品に関するQ&A

Q
羽子板ボルトのかんざしボルトは取り付け向きは決まっていますか。
A
NTレスビー羽子板ボルト以外は、かんざしボルトはどちら向きでもご使用いただけます。
Q
NTレスビー羽子板ボルトはなぜナットが付属されていないのですか。
A
かんざし用の六角ボルトに付属されているナットを羽子板ボルト側にご使用いただけるため、NTレスビー羽子板ボルトにはナットを付属していません。
Q
告示1460号第2号〔に〕や〔ほ〕の箇所に〔へ〕対応の金物を取り付けても大丈夫ですか。
A
〔に〕〔ほ〕より、〔へ〕のほうが耐力が高いため問題ありません。

類似製品を見る