製品情報

レンコン金物羽子板セット・Ⅱ

羽子板ボルトの代わりに横架材を引寄せる金物です。ビスのみで施工でき、リフォームや新築でボルトを貫通できない箇所に最適です。

用途・特長

羽子板ボルトの代わりに横架材を引寄せます。
●ビス施工のためかんざしのボルトが不要となり、プレカット加工の必要がありません。
●既存の桁、胴差に直行する梁に羽子板ボルトを取付けるとき、外壁に穴を開けずに羽子板ボルトを取付けられます。
●接合ビスの頭が四角穴なので、ビットの破損がほとんどありません。
※レンコン金物・Ⅱ、ビス羽子板金物・Ⅱは各種単品の販売も行っています。

耐力

型番 短期基準接合引張耐力(P0t) 接合部倍率(N値/T値)
RKS-Ⅱ 12.1kN 2.2

使用方法

①ボルトを受ける位置を決めた後、レンコン金物・Ⅱを付属のビスで接合します。
②全ねじボルトをレンコン金物・Ⅱに取付けます。
③全ねじボルトの長さに合わせてビス羽子板金物・Ⅱを付属のビスで接合します。
 ※ナット締付時、ナットから3山程度ボルトが出るよう注意してください。先にナットを取付けるとビス羽子板金物・Ⅱの位置決めが容易です。
④ナットでしっかりと固定し、引寄せます。

注意事項

●全ねじボルトはレンコン金物・Ⅱを取付けた柱・梁に当たるまでしっかりとねじ込んでください。
●ボルトの掛かりが足りないと所定の耐力を確保できません。
●セット品の全ねじボルト以外を使用する場合は、強度区分4.6以上のボルト(Zマーク六角ボルトなど)を使用してください。
●必ず付属の専用ビスで接合してください。
●ビス接合用の四角ビット(#3)は別売品です。
●全ねじボルト(M12×140)以外のボルトは別売です。

基本情報/メーカー希望小売価格(税抜き)

①レンコン金物羽子板セット・Ⅱ
型番 商品コード 出荷単位 梱包 作業工程別
梱包の分類
メーカー希望小売価格
円/セット(税抜)
RKS-Ⅱ 035503 1セット 30セット/ケース 構造 950
 
セット構成 レンコン金物・Ⅱ×1個 ビス羽子板金物・Ⅱ×1個 ビスYPR-85(Mブロンズ)×6本 
全ねじボルト(M12×140)×1本 M12ナット×1個
承認等 ハウスプラス確認検査(株)性能試験HP16-KT137


②レンコン金物・Ⅱ
型番 商品コード 出荷単位 梱包 作業工程別
梱包の分類
メーカー希望小売価格
円/個(税抜)
RK-Ⅱ 035502 1個 100個/ケース 構造 660
 
材質 JIS G 3131 SPHC
表面処理 クロメートメッキ(JIS H 8610に規定するEp-Fe/Zn8/CM2)
付属品 ビスYPR-85(Mブロンズ)×3本

この製品に関するQ&A

Q
羽子板ボルトの穴とかんざしのボルト穴が両方不要な羽子板金物はありますか。
A
レンコン金物羽子板セット・Ⅱ、フリーウイング羽子板セットがございます。
詳細は以下をご覧ください。

レンコン金物羽子板セット・Ⅱ
フリーウイング羽子板セット

また、羽子板金物の代わりに柱頭柱脚用L型金物(接合部倍率T値1.5以上)をご使用いただくことも可能です。


Q
レンコン金物・Ⅱを単品で注文することはできますか。
A
レンコン金物・Ⅱ』をご注文いただくと単品でのお届けとなります。ビス羽子板金物・Ⅱと全ねじボルト(M12×140)も必要な場合は『レンコン金物羽子板セット・Ⅱ』をご注文ください。
Q
レンコン金物羽子板セット・Ⅱの全ねじボルトがレンコン金物・Ⅱのナット部分に少ししか掛かっていないのですが問題ないですか。
A
全ねじボルトは梁にあたるよう奥までしっかり留付けてください。

Q
レンコン金物羽子板セット・Ⅱの全ねじボルトを長いサイズに変えても大丈夫ですか。
A
全ねじボルトの長さを変えてご使用いただけます。
Q
レンコン金物・Ⅱは両引き羽子板金物とセットで使用できますか。
A
両引き羽子板金物を使用した場合の耐力確認試験を行っておりませんので、レンコン金物・Ⅱはビス羽子板金物・Ⅱとセットでご使用いただくことを推奨いたします。

類似製品を見る

関連製品を見る