製品情報

〔枠材用〕高耐力フレックスホールダウン NEW

30mm厚または45mm厚の枠材を介して土台・基礎と柱、柱と横架材、上下階の柱を接合するビスどめタイプのクロムフリーホールダウン金物です。パネル工法に最適です。枠材30mm厚で47.9kN、枠材45mm厚で54.3kNまでの引抜きに対応可能な高耐力ホールダウン金物です。

用途・特長

土台・基礎と柱の緊結、柱と横架材の緊結、上下階の柱相互の緊結に使用します。
●柱に枠材(厚み30mmまたは45mm)を介して施工できます。
●真壁パネル工法の枠材や入隅時の受材を介したまま施工できるため、枠材・受材の欠き込みが不要です。
●めり込み防止用に枠材を設けた場合でもご使用いただけます。
●土台プレートⅡ〈めり込み防止用〉とアンカーボルトの干渉を回避できます。
●クロムフリー高耐食金属表面処理の「プロイズ」を採用し、環境に配慮した製品です。

耐力

型番 短期基準接合引張耐力(P0t) 接合部倍率(N値/T値)
FFH-4754 枠材30mm 47.9kN 9.0
枠材45mm 54.3kN 10.2

仕様

アンカーボルトや座金等の接合具は高耐力専用金物を使用します。

使用方法

①土台部のアンカーボルト(M16)や上下階の両引きボルト(M16)に本体を通します。
②付属のビスで本体を枠材の上から柱に取付けます。
③付属の専用座金を入れ、ナットで締付けます。

注意事項

●必ず付属の専用ビス、専用座金を使用して接合してください。
●必ず高耐力専用金物をご使用ください。
 ※ナットは必ずボルトに付属された専用ナットまたは別売品の『高耐力高ナット』をご使用ください。
●『高耐力フレックスアンカーボルト』と『高耐力フレックス両引きボルト』を継ぐ場合、『高耐力高ナット』に各20mm以上かけてください。
●ビス接合用の四角ビット(#3)は別売品です。
●『高耐力フレックスアンカーボルト』の埋め込み長さはアンカー笠下300mm以上、基礎幅は150mm以上、コンクリート設計基準強度は21N/mm2以上にしてください。
●対応する枠材の厚みは30mmまたは45mmです。
●枠材を固定する釘は、下記の条件にてご使用ください。
 ※枠材の厚みが30mmの場合:N75またはN90で17本以上
 ※枠材の厚みが45mmの場合:N90で17本以上

基本情報/メーカー希望小売価格(税抜き)

型番 商品コード 出荷単位 梱包 作業工程別
梱包の分類
メーカー希望小売価格
円/個(税抜)
FFH-4754 603435 1個 10個/ケース 構造 3,300
 
材質 JIS G 3101 SS400
表面処理 プロイズ処理
付属品 ビスYPR-115(Mグリーン)×18本 専用座金×1枚
承認等 ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP19-KT035/HP19-KT034
 

この製品に関するQ&A

Q
ビスどめホールダウンU、〔枠材用〕フレックスホールダウン、高耐力フレックスホールダウン60、〔枠材用〕高耐力フレックスホールダウンに付属されている座金は必ず使用しなければなりませんか。
A
必ず付属の座金が必要です。
Q
高耐力フレックスホールダウン60や〔枠材用〕高耐力フレックスホールダウンと一緒に使用するアンカーボルトや両引きボルトはどれを使えばいいですか。
A
Q
高耐力フレックスホールダウン60や〔枠材用〕高耐力フレックスホールダウンを片引きで使用する場合に対応できる座付きボルトはありますか。
A
対応できる座付きボルトは弊社では取扱いがございません。高耐力座金60高耐力フレックス両引きボルトを使用してください。

※高耐力座金60は樹種によって耐力が異なりますので、事前にご確認ください。


 
Q
〔枠材用〕高耐力フレックスホールダウンを1階柱脚部で使用する場合、高耐力フレックスアンカーボルトは何mm埋め込めばいいですか。
A
基礎の仕様条件を確認の上、300mm以上埋め込んでください。枠材30mm厚で47.9kN、枠材45mm厚で54.3kNまでの引抜きに対応できます。

※各種合成構造設計指針より算出しています。詳しい算出方法はCSセンター(TEL:03-5671-1077)までお問合せください。

Q
金物に付属されているビスやリングネイルだけを注文することはできますか。
A
袋単位であればご注文いただけます。
詳細はこちらをご覧ください。
※一覧にない場合はお問合せください。

類似製品を見る

関連製品を見る